忍者ブログ
Admin / Write / Res
大好きな人や物を通して、いつもちいさな旅に出ています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

110811.JPG










家具を運び2か月経っても腕の痛みが治らず、
他人の批判ばかりする自分に嫌気がさし、
それでもディズニーシーで買ったナノブロックを
組み立ててみたり、
せっかく池袋に行ったのに
サンシャイン水族館に入れなかったり、
いろいろあるけれど、
今は「キンシオ」が大好きですよ。

キンシオ公式サイトhttp://www.tvk-yokohama.com/kin/index.html
PR
 映画鑑賞記録

アリス・クリードの失踪
2009年

movie110727.jpg







監督 J・ブイクソン
出演 ジェマ・アータートン
    マーティン・コムストン

刑務所仲間のヴィックとダニーは、
富豪の娘アリス・クリードを誘拐し、監禁する。
周到に練り上げられた計画は、順調に進むと思われたが・・・。

* * * * * * * * * *

見どころは、やっぱり冒頭の誘拐準備シーン。
そこまで完璧にできるなら他の仕事すればいいのに。
3人の関係性が二転三転するところがおもしろい。
心の中で、ぇぇぇ~~~・・・・・・と、かなり引いてしまいました。
 
 映画鑑賞記録

食堂かたつむり
2010年

movie110726.jpg










監督 富永まい
出演 柴咲コウ
    余貴美子
 
恋人にお金を持ち逃げされた倫子は、ショックのあまり
声がでなくなってしまう。
昔から自由奔放で好きではなかった母親ルリコの
元へ帰るしかなかった。
倫子は実家の物置を利用して、小さな食堂を始める。

* * * * * * * * * *

ものすごくメルヘンでファンタジックな作り。
嫌われ松子のような展開になるかと思いました。
あんなふうに食材を大事にする人の料理は
信頼できる気がします。
豚肉の調理シーンがあと30秒長かったら
泣いてしまうところでした。
倫子に対する母親ルリコの愛情のかたちは独特だけど、
とても大きくて優しく温かいものでした。
 
 映画鑑賞記録

幸福のスイッチ
2006年

movie110725.jpg









監督 安田真奈
出演 上野樹里
    本上まなみ
 
修理や雑務ばかり請け負う「お客様第一主義」の
電気屋を営む父親に反発して、
東京でイラストレーターとして働く次女・怜。
ある日、上司と衝突、会社をやめてしまう。
そんな時長女・瞳が入院したと三女・香から手紙が届く。
しかし、実際に入院していたのは父親で、
怜はしぶしぶ電気屋を手伝う羽目になる。

* * * * * * * * * *

長女&三女はでき過ぎなくらい物分かりがよくていい子。
怜は高校生の時に、父親が小料理屋の女性と
親密な様子を見てしまってから父親に対して
反発するようになります。
また、幼い頃に母親を亡くしているのも父親のせいに。
心情としてはわからなくもないけど、
ちょっとおとうさんかわいそう。
おとうさん、一生懸命生きてます。
怜がそれに気付いたとき、初めてスイッチが入るのです。
 
 映画鑑賞記録

バウンティフルへの旅
1985年

movie110720.jpg










監督 ピーター・マスターソン
出演 ジェラルデン・ペイジ
    レベッカ・デモーネイ
 
テキサスで息子夫婦と暮らす老女キャリー。
嫁と口論し耐えられなくなったキャリーは、
故郷のバウンティフルの地を一目見たくなり、
こっそり長距離バスに乗ってしまう。

* * * * * * * * * *

まあ、義母の年金を横取りするような強欲な嫁も
そうそういないだろう・・・とちょっと心の中で思いつつ。
『フライド・グリーン・トマト』(調理シーンがおいしそう!)のような、
『ドライビングMissデイジー』のような、
老女の想い出語りの郷愁映画でした。
バスの中で隣り合わせた若い女性(レベッカ・デモーネイ)に
語るシーンがとても好きです。
年老いた人が持つ独特の重みが心惹きつけるというか。
NHKの「おひさま」はちょっと違う気がするけど。
 
 映画鑑賞記録

フィクサー
2007年

movie110714.jpg










監督 トニー・ギルロイ
出演 ジョージ・クルーニー
    トム・ウィルキンソン
 
マイケル・クレイトンは大手法律事務所にいながら、
フィクサー=もみ消し屋を務めていた。
そんな中、巨大農薬会社U・ノース社を弁護をしていた
同僚アーサーが奇行を起こし協議が中断されてしまう。
マイケルは事態を収拾するためアーサーの元へ向かう。

* * * * * * * * * *

逃れられない巨悪からどう脱出するか。
マイケル・クレイトンによる紆余曲折な対処で
ラストにはあっ!と思わせてくれます。
 
  映画鑑賞記録

スノー・エンジェル
2007年

movie110712.jpg










監督 デヴィッド・ゴードン・グリーン
出演 ケイト・ベッキンセイル
    サム・ロックウェル

両親の不仲に悩む高校生アーサー。
マーチング・バンドや中華料理店でのアルバイトに励み、
学校で出会った不思議な娘ライラに恋する。
アーサーのバイト先の同僚で、一児の母アニーは
グレンと別れ、新しい生活を始めようとしていた。
そんな時アニーの娘が行方不明になってしまう。

* * * * * * * * * *

物語はとっても重くて悲劇的な終わり方をします。
「アメリカ」だからなのかそうでないのか。
銃さえなければこんなことは起こらなかったのか。
経済状況のせいでもなくて、その人が持ってる性質でもなくて、
なぜかそっちへ傾いちゃう人っているんだよね。
磁石で吸い寄せられるみたいに。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[08/27 MORIや]
[05/29 mori]
[03/20 MORIや]
[03/20 MORIや]
[03/13 みっきー]
プロフィール
HN:
みち
性別:
女性
趣味:
映画鑑賞・アクセサリー作り
自己紹介:
千葉県在住。
夫とワンコ(ハル・10歳)の
ふたりと1匹暮らし。
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Copyright (c)ショート・トリップ All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]