忍者ブログ
Admin / Write / Res
大好きな人や物を通して、いつもちいさな旅に出ています。
[8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 映画鑑賞記録

movie11012803.jpg
ヤギと男と男と壁と
2009年

監督 グラント・ヘスロヴ
出演 ジョージ・クルーニー
    ユアン・マクレガー





新聞記者のボブ(ユアン・マクレガー)は妻の浮気をきっかけに、
イラク戦争の取材で一旗揚げようとする。
イラク入国のために待機していたクウェートのホテルで
リン(ジョージ・クルーニー)と出会う。
リンは、アメリカ軍の今はなき超能力特殊部隊 " 新地球軍 " に
所属していたと話す。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ノンフィクション小説「実録・アメリカ超能力部隊」を基に
しているそうです。
ラブ&ピースの精神で世界を救おうとする特殊エスパー部隊の
「ジェダイ計画」。
・・・って説明してる私も「?」ですが・・・。
「ジェダイ計画」の話を聞かされるのが、ボブというのが
ポイントなのかもしれません。
『スターウォーズ』シリーズを観たことがないので面白味が
まったくわかりませんが。

ジョージ・クルーニーって・・・
わざとこういう方向に走ってるんでしょうか?
ジェフ・ブリッジスのフラワー・チルドレンっぷりがとてもよかったです。
 
PR
 映画鑑賞記録

movie11012804.jpg
私の中のあなた
2009年

監督 ニック・カサヴェテス
出演 キャメロン・ディアス
    アビゲイル・ブレスリン





白血病の姉ケイトのドナーになるため、遺伝子操作で
生まれてきた11歳の女の子アナ。
今まで何度も治療のために犠牲になってきたが、
ある日姉への腎臓提供を拒否し、両親を提訴する。

* * * * * *  * * * * * * * * * * * * * *

この、とっても重ーいテーマと、もしかしてお涙頂戴になりかねない
余命わずかの白血病の姉とドナーの妹の話・・・避けてました。
ドナーのために遺伝子操作で子供を作るなんて
倫理的にどうなの?
と思ってたら、ちゃんと両親に愛されてるじゃないですか。

本当はアナの気持ちはわかってる。
世の中の母親が同じように思う、
「変われるものなら変わってあげたい」
という願いを叶える最後の手段。それがアナ。
この映画の大事な部分に触れてしまうため、あまり
くわしくは書けませんが、悲しい涙ではなく、
温かい涙であるということは確かです。

ケイトがどんなふうに生きて、
どんなふうにまわりに愛されているかということ。
何もかもが大事に感じられる。
だから最後に自分を認めてもらいたい。

とても深い愛に満ちた映画でした。
 映画鑑賞記録

movie11012802.jpg
(500) 日のサマー
2009年

監督 マーク・ウェヴ
出演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット
    ゾーイ・デシャネル





グリーティングカード製作会社で働くトムは、新しく入った
サマーに一目惚れしてしまう。
トムが聞く音楽をきっかけにふたりは付き合うようになるが、
サマーに「恋人はいらない」と宣言されてしまう。
トムがサマーに出会い、振られるまでの500日。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

オールトム目線の日記。
面白いのは、出会った時、ハッピーな毎日、喧嘩をした時、
冷たい態度をとられた時の時系列がバラバラであるということ。
町なかで歌いたいほど浮かれ気分の次のシーンでは、
サマーにまつわるショックな出来事に目の下にクマを作って
半ひきこもり生活。まさに天国と地獄。

「トムのことは好きだけど、恋人にはならない」
それを承知で付き合うわけだけど、トムはどんどん
サマーにのめり込んでいきます。
トムにはそう言っていたのに、喧嘩別れしたとはいえ、
サマーは別の人と突然結婚してしまいます。

「恋人はダメでも結婚はいいの?」
サマーは答えます。
「ある朝目がさめた時そう思ったの」

ふーん・・・。
「ふーん」としか言いようがない。
トムにはサマーの気持ちがわからない。
同性である私もさっぱりです。
「そう思っちゃった」んだから仕方がない。
サマーという女の子を理解するのはとても難しいかもしれません。
彼女は彼女なりの価値観で生きているのでしょう。
お互いの価値観が合致した人同士が付き合うのが
一番簡単なのだけど、(それがわかりゃあ苦労しない)
本気で好きになっちゃうとわけわかんなくなっちゃうから
恋愛ってホント厄介です。
 映画鑑賞記録

movie11012801.jpg
この自由な世界で
2007年

監督 ケン・ローチ
出演 キルストン・ウェアリング
    ジュリエット・エリス





一人息子を両親に預けながら職業紹介会社で
働くアンジーは突然不当解雇される。
アンジーは、女友達のローズと共に外国人労働者を
対象にした職業紹介所を設立する。
軌道にのりかけた時、不法移民を働かせる方が
儲かるという話を聞いてしまう。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「資本主義と弱者について考える」

映画の舞台はロンドン。
おもにポーランド人を雇っています。
そしてアンジーは、上司のセクハラに激怒して会社を
クビになってしまいます。
ひどい・・・

一人息子を抱えるアンジーはどんなことをしてでも
お金を稼ぎたいと思っている。
無職でシングルマザーのアンジーと、ポーランドからの
労働者は同じラインに立っているはずなのにアンジーが
会社を立ち上げた瞬間、上下関係ができてしまう不思議さ。
弱者から経営者へ。

アンジーの息子はおじいちゃんと一緒に母親の
仕事場へやってきます。
労働許可証を持たない者に対して、まるで野良犬を
追い払うような言い方。
ふたりの責めるような目。
アンジーは罪悪感から追い払ってしまったイラン人に
仕事を紹介してしまいます。
不法移民を雇っても捕まらないという話を聞いて、
アンジーはどんどん深みにはまっていきます。
あまりにもひどい手口を使うので共同経営の女友達も
去っていきます。
アンジーは言います。
どんな事をしようと自由だ、と。

それが本当の資本主義ですか・・・?
って言ったら偽善者かな。
お金はないよりあった方がいい。
でも、誰でもいつでも、この資本主義の罠に片足
つっこんでる気がして仕方がないのです。
 映画鑑賞記録

movie110121.jpg
ジャーヘッド
2005年

監督 サム・メンデス
出演 ジェイク・ギレンホール
    ピーター・サースガード





1989年第1次湾岸戦争。
18歳のスウォフは、大学進学をやめ海兵隊に志願する。
厳しい訓練をくぐり抜け狙撃手として派遣されるが、
砂漠の真ん中で、ただひたすら演習と待機の日々を過ごす。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ジャーヘッド・・・ポットのように刈り上げた頭。
中身は空っぽという海兵隊員の蔑称。

彼らは戦地に行く直前『地獄の黙示録』を観て士気を高めます。
ものすごくやる気満々。
戦争に「やる気満々」もおかしな話だけど、
普通の状態じゃないから仕方ない話か。
そんな彼らの意に反して、派遣された場所は何もない砂漠の
ど真ん中。
敵はいない、ただその時を待つだけ。
退屈で退屈で、頭がおかしくなりそう。
スウォフは遠く離れた恋人から別れを告げられます。
ようやく進撃する時がくるけれど、やっぱり敵はいません。
そこで見るのはすでに死んだイラク兵と火のついた油田。

彼らは何のために戦地へ行ったのでしょうか?
この虚無感は戦争が終わった後も治まることはありません。
戦争自体が無意味なことだから解決しないのでは?
愛国心でも反戦でもなく、戦争映画としては異端な存在です。

スウォフ役は、ジェイク・ギレンホール。
坊主頭乱立の中で、彼でなければ見分けがつかなかったと
思います。

燃える油田の中で、油まみれになった迷子の馬に出会うシーンは、
同じように油にまみれて意味もなくさまよう自分自身の投影でしょうか?
 映画鑑賞記録

movie110120.jpg
ドッペルゲンガー / 憎悪の化身
1992年

監督 アヴィ・ネッシャー
出演 ドリュー・バリモア
    ジョージ・ニューバーン





生まれ育ったロサンゼルスに戻った清純な少女ホリーは、
性格が正反対の分身ドッペルゲンガーにおびえていた。
ルームメイト募集の新聞広告を見て、脚本家の卵である
パトリックの同居人になり、彼はすぐにホリーの美しさに
夢中になる。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ハリウッド女優の中では、ドリュー・バリモアが一番好き。

数々の依存症から立ち直りつつある頃の作品です。
パーツモデル多用だと思うけど、とにかくすごくかわいい!
でもファンでないと、ちょっとしんどい映画かもしれません。

ドッペルゲンガーというより多重人格?
多重人格というよりエイリアン?
B級さながらのラストにびっくり。笑いました。
 映画鑑賞記録

movie110119.jpg
トラフィック
2000年

監督 スティーウン・ソダーバーグ
出演 マイケル・ダグラス
    キャサリン・ゼタ・ジョーンズ





アメリカとメキシコを結ぶ麻薬ルート "トラフィック"を
めぐる大群像劇。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

印象に残ったシーン。
「白人が黒人の住む街に買いにくるから黒人は売る。
黒人が白人の高級住宅街に来て、
『麻薬売ってない?』って聞いたら誰だって売るさ。
普通に働くより、そっちの方が金になる。」
・・・って聞かされた麻薬撲滅のために働いてる男の
娘は完全に麻薬中毒。
(こいつマジ死ねと思ったに違いない)

それぞれの価値観で物事が動いていくのですが、
「麻薬=悪」という図式さえこの国境付近では
無いに等しい。

こわいなぁ・・・麻薬。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[08/27 MORIや]
[05/29 mori]
[03/20 MORIや]
[03/20 MORIや]
[03/13 みっきー]
プロフィール
HN:
みち
性別:
女性
趣味:
映画鑑賞・アクセサリー作り
自己紹介:
千葉県在住。
夫とワンコ(ハル・10歳)の
ふたりと1匹暮らし。
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Copyright (c)ショート・トリップ All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]