忍者ブログ
Admin / Write / Res
大好きな人や物を通して、いつもちいさな旅に出ています。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これは、相当気になる映画。
クレイアニメだけど、内容はブラックっぽい。

movie110306.jpg










メアリー&マックス 公式HP
PR
映画 『しあわせの雨傘』

movie101217.jpg









カトリーヌ・ドヌーブが中学ジャージ着てる!

ぜひとも見に行こう・・・

公式HP http://amagasa.gaga.ne.jp/


movie100820.jpg
Laundry ランドリー
2001年

監督 森淳一
出演 窪塚洋介
    小雪





脳に障害のある青年テルは、祖母が経営する古いコインランドリーで
洗濯物が盗まれないように毎日見張りをしている。
ある日、水絵という女性が忘れていったワンピースを届けるために
知らない世界へ足を踏み出す。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

心に傷を持った女性・水絵(小雪)。
脳に傷を持った青年・テル(窪塚洋介)。
ふたりは出会い、生活を始めるようになります。
コインランドリーが取り壊される事になった後
白鳩を飛ばすおじさんと知り合い、
テルは結婚式やお葬式で鳩を飛ばす仕事をします。
穏やかな生活が続いていたとき、アクシデントが起こり
水絵は盗みをしてしまいます。
テルは水絵が帰ってくるのを毎日待ちます。
毎日毎日鳩を飛ばしながら。

ゆっくりと静かに物語は進みます。
時々入るテルのおとぎ話( MAYA MAXX のアニメーション)も
切ないです。

窪塚洋介って好きでも嫌いでもないけれど、
この作品に関しては、彼じゃなくちゃできなかったんじゃないか
と思うくらい演技がピュアでした。

ラストで流れる Bonnie Pink の " Under the Sun " が
すばらしい!
Bonnie Pink を好きになったきっかけの映画です。

なんだか心身ともに疲れたなぁ・・・と思った時に
見ると癒されます。
 

movie10051001.jpg
ゴーストワールド
2001年

監督 テリー・ツワイゴフ
出演 ゾーラ・バーチ
    スカーレット・ヨハンソン





仲良しのイーニドとレベッカ。ふたりは高校を卒業したものの、
進路も決めずにフラフラした毎日を送っていた。
ある日、新聞の出会い系広告欄に載っていた中年男シーモアを
からかうために呼び出す。
イーニドはなぜか彼の事が気になり、ガレージセールで
シーモアからブルースレコードを買ううちに親しくなっていった。
レベッカは、イーニドと一緒に住む約束を果たそうとカフェで働き始める。
仲良しだったふたりは少しずつすれ違っていく・・・

イーニド
movie10051003.jpg問題山積みなイーニド。
・高校を卒業したものの、美術の補習を受けなければならない。
・その美術教師は自分の作品を認めてくれない。
・父親は片親という事に引け目を感じでいるせいか、
 イーニドを腫れものに触るような態度で接している。
・その父親が元カノ(?)マキシーンとまた一緒に住みたいと
 言い出した。
・わかりあえそうな人・シーモアに彼女ができてしまった。
・レベッカが毎日ちゃんと働いているので劣等感を感じてしまう。
movie10051002.jpg・レベッカについひどい事を言ってしまい、ケンカになった。
・本当は誰とでもうまくやりたい。
・自分が何をしたいのかわからない・・・・・・






何もかもがうまくいかなくなって、イーニドは酔っぱらってシーモアに夢の話をします。
「ある日突然 誰にも言わずにどこかに旅立つ
 姿をけして それきり消息を絶つの」
そんなふうに思ったことない?と聞かれて、シーモアは答えます。
「君と同じ年頃にはね」
同じ価値観を持っていそうなレコードオタク・シーモアでさえ、
どこかで折り合いを付けて生きている事にイーニドは気付きます。
学校・社会・家庭、唯一の友人にも見放され、シーモアの横でさえ自分の場所ではない。
ひとりぼっちを実感する瞬間。
それがイーニドにとって大人になる一歩なのかもしれません。

痛くて切ない青春映画です。
10代の頃に見なくてよかった・・・。
あと、当時15歳だったというスカーレット・ヨハンソンがキレイすぎます。
movie10042302.jpgmovie10042303.jpg








8月公開の『トイレット』。
すごい楽しみ。
もたいさん、ひとことも英語しゃべんないんだろうなぁ・・・。

movie10021601.jpgmovie10021602.jpg 
幸福/しあわせ
1964年

監督 アニエス・ヴァルダ
出演 ジャン=クロード・ドルオ
    クレール・ドルオ





movie10021603.jpg
ひまわり
1970年

監督 ヴィットリオ・デ・シーカ
出演 ソフィア・ローレン
    マルチェロ・マストロヤンニ





movie10021604.jpgmovie10021605.jpg 
黒いオルフェ
1959年

監督 マルセル・カミュ
出演 ブレノ・メロ
    マルベッサ・ドーン





少女時代に見た映画です。(そんな時代もあった)

恋は「好き」というだけでは成立しないという事を教えてもらいました。

どれも鮮烈で名作です。
movie100205.jpg
バグダッド・カフェ
1987年

監督 パーシー・アドロン
出演 マリアンネ・ゼーゲブレヒト
    ジャク・バランス




アメリカ西部のハイウェイ脇にひっそりとたたずむモーテル「バグダッド・カフェ」。
旅行中の夫と喧嘩別れをしたドイツ人女性と、そこに集まる個性的な人々の温かい交流を描く。
主題歌「コーリング・ユー」。

黄色い画面。斜めな構図。
砂漠の乾いた感じと、非日常性が強調されます。
心の叫びの様な「コーリング・ユー」。
無駄な台詞が排除され、時間がゆっくり流れているように感じます。
これはおとぎ話か?

この映画の好きな所は、ドイツ人女性(ジャスミン)とモーテルの女主人(プレンダ)の友情。
ジャスミンが部屋にかけられた光の絵を見て何かに気付く所。
バグダッド・カフェに来る前と後では彼女自身が変わっている。

おおげさかもしれないけれど、人間の本当の美しさの価値観が変わったように思います。

そして、こんな映画がもしかしてまた出てくるかもしれないと思いながら、
ミニシアター系の映画を見続けてしまうのです。
(オリジナル版による感想)

バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[08/27 MORIや]
[05/29 mori]
[03/20 MORIや]
[03/20 MORIや]
[03/13 みっきー]
プロフィール
HN:
みち
性別:
女性
趣味:
映画鑑賞・アクセサリー作り
自己紹介:
千葉県在住。
夫とワンコ(ハル・10歳)の
ふたりと1匹暮らし。
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Copyright (c)ショート・トリップ All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]