忍者ブログ
Admin / Write / Res
大好きな人や物を通して、いつもちいさな旅に出ています。
[239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 映画鑑賞記録

movie11012804.jpg
私の中のあなた
2009年

監督 ニック・カサヴェテス
出演 キャメロン・ディアス
    アビゲイル・ブレスリン





白血病の姉ケイトのドナーになるため、遺伝子操作で
生まれてきた11歳の女の子アナ。
今まで何度も治療のために犠牲になってきたが、
ある日姉への腎臓提供を拒否し、両親を提訴する。

* * * * * *  * * * * * * * * * * * * * *

この、とっても重ーいテーマと、もしかしてお涙頂戴になりかねない
余命わずかの白血病の姉とドナーの妹の話・・・避けてました。
ドナーのために遺伝子操作で子供を作るなんて
倫理的にどうなの?
と思ってたら、ちゃんと両親に愛されてるじゃないですか。

本当はアナの気持ちはわかってる。
世の中の母親が同じように思う、
「変われるものなら変わってあげたい」
という願いを叶える最後の手段。それがアナ。
この映画の大事な部分に触れてしまうため、あまり
くわしくは書けませんが、悲しい涙ではなく、
温かい涙であるということは確かです。

ケイトがどんなふうに生きて、
どんなふうにまわりに愛されているかということ。
何もかもが大事に感じられる。
だから最後に自分を認めてもらいたい。

とても深い愛に満ちた映画でした。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♠ 無題
またすごい増えてるー!とワクワクしながら読んだよ♪
「私の中の・・・」の私が一番印象に残ったシーンは、いよいよ危篤状態になったケイトの周りに集まった親族の、無責任な励ましや聞きかじりの知識の話。今までこの病気と闘い続けた家族の歴史を知らず、無邪気な善意で鼻白む・・・
けど、こういうこと私もやりがちだなぁ・・・と思って胸が痛んだ。
もうすべてを受け入れて、静かにお別れの時を待つケイトと家族が、そんな親族を微笑んで許しているのが、この家族の歩んできた証だな・・・と。
旅立つケイトの恋人が天国で待っていると思えるのも、寂しすぎなくてよかったな。
MORIや 2011/02/26(Sat)09:00:07 編集
♥ Re:無題
☆MORIや
私が個人的に好きなシーンは、
アナとケイトが草むらの中でゴロゴロしながら、
「モンタナっていいところ?」
って話してたところ。
言葉じゃない何かがふたりの中で通じ合ってる
感じがしてすごく温かい気持ちがするのよ
みち  【2011/02/27 00:33】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/27 MORIや]
[05/29 mori]
[03/20 MORIや]
[03/20 MORIや]
[03/13 みっきー]
プロフィール
HN:
みち
性別:
女性
趣味:
映画鑑賞・アクセサリー作り
自己紹介:
千葉県在住。
夫とワンコ(ハル・10歳)の
ふたりと1匹暮らし。
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Copyright (c)ショート・トリップ All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]