忍者ブログ
Admin / Write / Res
大好きな人や物を通して、いつもちいさな旅に出ています。
[246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 映画鑑賞記録

movie110209.jpg
モンタナの風に抱かれて
1998年

監督 ロバート・レッドフォード
出演 ロバート・レッドフォード
    クリスティン・スコット・トーマス





13歳の少女グレースは乗馬中の事故で、親友と右足を失ってしまう。
事故のショックで、グレースの愛馬ピルグリムは人間を恐れるように
なってしまった。
グレースの母親アニーはピルグリムを回復させるため、
ホース・ウィスパラー(馬を癒す人)のトムに治療を頼む。

* * * * * * * * * * * * * *

モンタナの雄大な山や草原、馬の美しい躍動感あふれる肢体は、
すばらしく、それだけでも観て損はないかと思ったのだけれど・・・。

事故が起きた直後、グレースは病院で治療中、ピルグリムは瀕死の
状態でした。
獣医から母親アニーに安楽死の許可を求める電話がかかってきます。
ニューヨークでは雑誌編集長という立場ある彼女ですが、一人では
その判断ができませんでした。

義足をつけたグレースはピルグリムに会いに行きます。
あんなに仲の良かったピルグリムの自分を見る怯えた目。
獣医はもう一度アニーに「安楽死させた方がうまのため」と説得します。
ところがアニーはピルグリムの目を見てはっきりと言います。
殺さないで「生かす」のだと。
この時アニーは何の目的で「生かす」と思ったのか・・・
少しでも希望があるなら、治療して、また以前のようにグレースを
乗せたいのか。
それとも、娘の足を奪った者に罰を与えたいのか。

私は、このアニーという女性が最初から最後まで好きになれま
せんでした。強引で自己中心的で・・・

アニーは断られたにもかかわらず、モンタナのトムの所へ
ピルグリムとグレースを連れて押しかけます。
トムの治療により、ピルグリムは徐々に回復し、グレースも
少しずつ心を開いてゆきます。

で、娘ががんばってる時に、何で母親とトムが恋仲になってんの?
やがて、夫のロバートが様子を見に来て、そんな二人に気づいて
言います。
「君みたいな完璧な人が僕と結婚してくれただけで・・・」
だから選択は君にまかせるよ。
僕の所へ戻ってきてきれたら嬉しいけどね!
みたいなことを・・・なんて都合のよい男だろうね・・・。

後半は二人の恋愛話が中心になってるので、もうどうでもいい
気がしました。

少女グレースをスカーレット・ヨハンソンが演じています。
あんなに素敵な女性に成長すると誰が予想できたでしょうか・・・。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/27 MORIや]
[05/29 mori]
[03/20 MORIや]
[03/20 MORIや]
[03/13 みっきー]
プロフィール
HN:
みち
性別:
女性
趣味:
映画鑑賞・アクセサリー作り
自己紹介:
千葉県在住。
夫とワンコ(ハル・10歳)の
ふたりと1匹暮らし。
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Copyright (c)ショート・トリップ All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]