忍者ブログ
Admin / Write / Res
大好きな人や物を通して、いつもちいさな旅に出ています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 映画鑑賞記録

movie110406.jpg
ホット・ファズ
  俺たちスーパーポリスメン!

2007年

監督 エドガー・ライト
出演 サイモン・ペッグ
    ニック・フロスト



ロンドンで何度も表彰されるエリート警官ニコラス・エンジェル巡査。
彼は優秀すぎるため仲間から疎まれ、田舎の村に左遷されてしまう。
イギリス一安全な村で事件が発生。
しかし村人は、事故として処理しようとする。
エンジェルは、署長の息子の警官ダニーと共に捜査を始める。

* * * * * * * * * *

こういうタイトルって『ポリスアカデミー』を想像してしまうけど、
それほどバカっぽくもなく、浮かれてません。
堅物エンジェルと、お人好しでコップ映画に憧れるダニーとの
落差がいい感じです。
途中からホラーと老人たちの過激なアクションも笑えます。
PR
 映画鑑賞記録

movie110310.jpg
微笑みに出逢う街角
2002年

監督 エドアルド・ポンティ
出演 ソフィア・ローレン
    ミラ・ソルヴィーノ
    デボラ・カーラ・アンガー




オリビアは、足の不自由な夫の世話をしながら、時間をみつけては
絵を描いている。
有名な写真家を父親に持つナタリアは、アンゴラでの写真が
" TIME " の表紙に採用されるが素直に喜べない。
チェロ奏者のキャサリンは、長いツアーが終わっても娘や夫のいる
家に帰れずにいた。
アイデンティティをテーマとした3人の女性の物語。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

3人の女性の鬱屈した人生。
自分を開放したときから本当の人生が始まる。
閉じ込めていたのは誰?

ソフィア・ローレン・・・ものすごい存在感。
そこにいるだけで物語ってます。
静かに淡々と紡がれます。
 映画鑑賞記録

movie110304.jpg
プラネット・テラー in グラインドハウス
2007年

監督 ロバート・ロドリゲス
出演 ローズ・マッゴーワン
    フレディ・ロドリゲス





テキサスの田舎町。
軍の幹部がばらまいた細菌兵器によって、住民がゾンビ化する。
その頃バーベキューレストランで、ゴーゴーダンサーのチェリーは
元恋人の解体屋エル・レイに出会う。
ふたりの乗った車が事故を起こし、ゾンビに襲われたチェリーは
片足を失う。

* * * * * * * * * * * * *

ロバート・ロドリゲスとクエンティン・タランティーノのグラインドハウス。
超B級オタク映画です。
予告編 『マチェーテ』も入ってます。

個人的に好きなシーンは、医者の妻(医者?看護師?)の
手の感覚が戻って、注射器で攻撃するところです。

チェリー、すっごくかわいい!かすり傷ひとつありません。

ゾンビスプラッターがお好きな人はどうぞ・・・。
 映画鑑賞記録

movie110301.jpg
ヒア アフター
2010年

監督 クリント・イーストウッド
出演 マット・デイモン
    セシル・ドゥ・フランス





津波に遭遇し、生死の境をさまよい不思議な体験をした
フランス人女性マリー。
彼女は自分が見た光景が忘れられず、調査し本を出版する。
一方、サンフランシスコで元霊能者ということを隠して
工場で働くジョージ。
普通の生活をしたいと思い、料理教室に通いある女性と
出会うが、彼の能力を知ると去っていった。
そして、ロンドン。双子の兄を交通事故で亡くしたマーカスは、
もう一度兄と話したいと願っている。

* * * * * * * * * * * * * *

ひと言でいうと、「よくわからなかった」です。
話の流れはわかるんですけど、何が言いたかったのか・・・。
これは本当にイーストウッドが監督したものなのか・・・。
なんだか全体的に雑な感じがします。

「死後の世界」って信じてないけど、そういう話って別に
嫌いじゃありません。けど。
マリーの調査中、「臨死体験した患者は全員同じ体験をしている」
ってノーベル賞をとった科学者に言わせるってどうかなぁ。
そういう人たちって、戻る余地のある人たちの言葉で、
本当に行ってしまった人の話がどこにも残ってない。
というか当然残せない。
あとジョージの霊界との交信ですが。
なぜ生きている人に触れるとそれが見えるの?
その人が持つ強い念じゃないのかな?

なぜマリーが臨死体験の本を出そうと思ったのか、
ジョージが霊能者としての活動をやめたのはなぜか、
深くは語られません。
兄を突然亡くしたマーカスのやるせない気持ちだけが
ふわふわと始終漂っている感じです。
 映画鑑賞記録

movie110131.jpg
ハングオーバー!
 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
2009年

監督 トッド・フィリップス
出演 ブラッドリー・クーパー
    エド・ヘルムズ




2日後に挙式を控えたダグは、フィル、ステュ、アランと共に
ラスベガスでバチェラーパーティーを決行する。
しかし、翌日ホテルで目を覚ますと、ひどい二日酔いと、
ダグの失踪。一体何があった!?

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

それぞれのキャラがすごく面白いんです。
ちょっと強引でかっこつけのフィル。
何かと振り回され気味で、恋人にNOと言えないステュ。
頭の弱そうな花嫁の弟アラン。
(アランは友達というわけでなく、ダグがなんとなく連れて
きてしまった)
このアランはトラブルを呼び込む天才なんだろうなぁという
予感が冒頭からうかがい知れます。
のちに大化けしたような、しないような。

ラスベカスに着いて、みんなで乾杯したところまでは覚えている。
でもなんでホテルの部屋にニワトリやトラがいるの?
なんでステュの歯が抜けてるの?
なんでクローゼットに赤ん坊が!?
で、ダグはどこへ!?
3人がダグを探すために奔走すればする程、またトラブルに
巻き込まれます。
途中変な下ネタの中国人がでてくるのだけど、3日ぐらい
気持ち悪かったです。

そういうのもひっくるめて
あー、男のコってバカっぽくていいね!
 映画鑑賞記録

movie110107.jpg
フローレス
1999年

監督 ジョエル・シュマッカー
出演 ロバート・デ・-ロ
    フィリップ・シーモア・ホフマン





かつて警備員として活躍した保守的な男ウォルトは、
同じアパートに住むドラッグクィーンのラスティたちとは
犬猿の仲だった。
ある日アパートで発砲事件が起こり、応戦しようとした
ウォルトは脳卒中で倒れてしまう。
リハビリのために歌うことを勧められ、ラスティにレッスンを依頼する。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

フィリップ・シーモア・ホフマンって、すごい役者さん。
映画としては中途半端な感じなのに、最後まで見れたのは
やっぱり彼のお陰なのだと思う。
ラスティに対する優しさだったり、おどけた感じ。
ホントはあたしがお金持ってたの、エヘヘみたいな。
「エヘヘ」じゃないだろ「エヘヘ」じゃ!・・・ったく。
 映画鑑賞記録

movie10122401.jpgバーレスク
2010年

監督 スティーヴン・アンティン
出演 シェール
    クリスティーナ・アギレラ

 


アリ(クリスティーナ・アギレラ)はショウビス界での成功を
夢見てロサンゼルスにやって来る。
タス(シェール)の経営する "バーレスク" でのダンスショーを
一目見て以来、バーテンのジャックの家に居候しながら、
自分も舞台に立つチャンスを待ち続ける。
やがてアリの熱意に押され、ダンサーのオーディションに合格、
アクシデントを乗り越えスターにのぼり詰める。
しかし "バーレスク" の共同経営がうまくいかず、店は存亡の
危機に陥る。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

movie10122403.jpg 
この映画の魅力はなんといっても
歌とダンス。
ストーリーは二の次なのです。

アリが田舎から出てきてすぐに
成功したり、あんなに流行ってる
店なのになんで借金に苦しんでる
んだろうとか、もはやどうでもよかったりします。

"バーレスク" の舞台にあがる彼女たちは、一流だし、
魅力的だし、キラキラ輝いてます。
彼女たちを見てるだけでも、心がウキウキします。
そして次から次へと繰り出されるショーに圧倒され、自分も
この "バーレスク" の観客になった気分になります。

movie10122402.jpg 
ところでシェールですが。
シェールは、私の昔からの印象では
「奇妙な女優さん」でした。
(本当は歌手なのに。)
そして、彼女一体いくつなの?
と思うぐらい完璧でした。
彼女の役どころ「タス」のなんとも
微妙な揺れる乙女心がかわいいなぁと思いました。
本当は、ただ舞台の上で歌って踊っていたい!
でも経営者としてこの店も守っていかなきゃいけない・・・
そして実力十分の新しい女の子アリがスターになっていくのを
見守るのも嬉しい。
だけど、自分もまだまだ現役でイケるのよ。見て!アタシを!!
っていう思いがヒシヒシと伝わってきました。

時間があればもう一度観たい映画だなぁと思いました。
 

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/27 MORIや]
[05/29 mori]
[03/20 MORIや]
[03/20 MORIや]
[03/13 みっきー]
プロフィール
HN:
みち
性別:
女性
趣味:
映画鑑賞・アクセサリー作り
自己紹介:
千葉県在住。
夫とワンコ(ハル・10歳)の
ふたりと1匹暮らし。
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Copyright (c)ショート・トリップ All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]