忍者ブログ
Admin / Write / Res
大好きな人や物を通して、いつもちいさな旅に出ています。
[254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 映画鑑賞記録

movie110301.jpg
ヒア アフター
2010年

監督 クリント・イーストウッド
出演 マット・デイモン
    セシル・ドゥ・フランス





津波に遭遇し、生死の境をさまよい不思議な体験をした
フランス人女性マリー。
彼女は自分が見た光景が忘れられず、調査し本を出版する。
一方、サンフランシスコで元霊能者ということを隠して
工場で働くジョージ。
普通の生活をしたいと思い、料理教室に通いある女性と
出会うが、彼の能力を知ると去っていった。
そして、ロンドン。双子の兄を交通事故で亡くしたマーカスは、
もう一度兄と話したいと願っている。

* * * * * * * * * * * * * *

ひと言でいうと、「よくわからなかった」です。
話の流れはわかるんですけど、何が言いたかったのか・・・。
これは本当にイーストウッドが監督したものなのか・・・。
なんだか全体的に雑な感じがします。

「死後の世界」って信じてないけど、そういう話って別に
嫌いじゃありません。けど。
マリーの調査中、「臨死体験した患者は全員同じ体験をしている」
ってノーベル賞をとった科学者に言わせるってどうかなぁ。
そういう人たちって、戻る余地のある人たちの言葉で、
本当に行ってしまった人の話がどこにも残ってない。
というか当然残せない。
あとジョージの霊界との交信ですが。
なぜ生きている人に触れるとそれが見えるの?
その人が持つ強い念じゃないのかな?

なぜマリーが臨死体験の本を出そうと思ったのか、
ジョージが霊能者としての活動をやめたのはなぜか、
深くは語られません。
兄を突然亡くしたマーカスのやるせない気持ちだけが
ふわふわと始終漂っている感じです。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[08/27 MORIや]
[05/29 mori]
[03/20 MORIや]
[03/20 MORIや]
[03/13 みっきー]
プロフィール
HN:
みち
性別:
女性
趣味:
映画鑑賞・アクセサリー作り
自己紹介:
千葉県在住。
夫とワンコ(ハル・10歳)の
ふたりと1匹暮らし。
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Copyright (c)ショート・トリップ All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]